日本は水際対策を強化 中国“ゼロコロナ政策”終了

社会 国際・海外 旅と暮らし


新型コロナウイルスの感染が拡大している中国で、入国者への渡航規制が撤廃される中、政府は、中国本土からの入国者に対しPCR検査を行うなど、8日から水際対策を強化する。

政府は、8日から水際対策を強化し、中国本土から入国する人全員に義務づけられている検査を、より精度の高いPCR検査などに順次切り替える。

また、中国本土からの直行便で入国する人には、出国前72時間以内の陰性証明の提出を求めることにしていて、中国からの渡航者による感染拡大を防ぎたい考え。

一方、中国では、これまで、海外から中国に入る人たちに8日間の隔離措置が課せられていたが、国内の感染急拡大と対策の緩和を受け、8日から、すべての入国者に対し、この措置が撤廃された。

(FNNプライムオンライン1月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース