王将戦 七番勝負が開幕 藤井聡太五冠 vs 羽生善治九段

文化


藤井聡太五冠に羽生善治九段が挑む王将戦七番勝負が、静岡・掛川市で開幕した。

将棋界の両雄が、タイトル戦の舞台で初めて対決する。

掛川城の二の丸茶室で開幕した、王将戦七番勝負の第一局。
振り駒の結果、先手は藤井五冠に決まった。

8日午前9時、立会人が開始を合図すると、藤井五冠はお茶を口に含み、少し間を取ってから初手を指した。

藤井五冠に挑むは、通算獲得タイトル100期をかけて戦う羽生善治九段。

若き天才とレジェンドが激突する世紀のタイトル戦に、注目が集まる。

対局は、午後6時ごろに「封じ手」の時刻を迎え、初日を終えることになっている。

(FNNプライムオンライン1月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース