「降下訓練始め」3年ぶりに公開 陸上自衛隊 落下傘部隊

社会


陸上自衛隊の精鋭部隊による新春恒例のパラシュート降下訓練が、千葉県の習志野演習場で3年ぶりに公開されている。

「降下訓練始め」が一般公開されるのは、新型コロナウイルスの感染が拡大する前の2020年以来。

陸上自衛隊で唯一の落下傘部隊である「第一空挺(くうてい)団」による、航空機やヘリコプターからのパラシュート降下などが披露され、沖縄県の尖閣諸島などでの有事を想定した、実戦さながらの訓練も行われている。

また2023年は、アメリカ軍のほか、イギリス軍、オーストラリア軍の部隊も参加している。

(FNNプライムオンライン1月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース