中国から入国 水際対策さらに強化 出国前72時間以内の陰性証明

社会


中国では、ゼロコロナ政策が事実上終了し、これまで義務となっていた海外から中国に入る際の隔離措置が、8日から撤廃された。

一方、日本では、中国での新型コロナウイルスの感染状況を受け、中国本土から入国する人の水際対策をさらに強化した。

中国から成田空港に到着した人からは、困惑の声も聞かれた。

中国から来た男性「(親に会えて)とても感動でうれしいです。あわせて3時間くらい待ちました。PCR検査に2時間かかったあと、行列でさらに1時間かかりました」

具体的な水際対策の強化として、中国本土から入国する人全員に義務づけている検査を8日から、より精度の高いPCR検査などに順次切り替えた。

中国本土からの直行便で入国する人には、出国前72時間以内の陰性証明書の提出も求めている。

(FNNプライムオンライン1月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース