ボルソナロ氏支持者ら数百人 大統領選は「不正」と暴徒化

国際・海外


南米・ブラジルのボルソナロ前大統領の支持者ら数百人が、選挙結果は受け入れられないと主張し、議会や大統領府などに侵入している。

ボルソナロ前大統領の支持者数百人が8日、首都ブラジリアにある議会や大統領府、最高裁の建物に侵入し、窓ガラスを破壊するなどの行為に及んでいる。

暴徒化した支持者らは、ボルソナロ氏が敗れた2022年10月の大統領選挙が「不正」による結果だとし、1月1日に就任したルラ新大統領を認めないと主張していて、2021年にアメリカでトランプ前大統領の支持者が起こした議会襲撃事件と似た現象となっている。

(FNNプライムオンライン1月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース