抗原検査用品工場で抗議活動 ゼロコロナ終了後リストラで 中国

国際・海外


中国内陸部のウイルス検査用品製造工場で、人員削減や未払い賃金をめぐり、労働者による抗議活動が起きた。

香港メディアなどによると、中国・重慶市にあるPCRや抗原検査関連用品を製造する工場で7日に起きた抗議は、突然の大規模な人員削減や給料の未払いが原因。

抗議活動には、およそ2万人が参加したとされ、SNS上の動画では、当局に物を投げつける様子などが見られた。

8日、ゼロコロナ政策が事実上終了した中国では、日常化していたウイルス検査を行う必要がほぼなくなった。

こうした急激な変化が、検査用品メーカー側に混乱を引き起こしているものとみられる。

(FNNプライムオンライン1月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース アジア