1円携帯“消滅”のウラ側 背景に転売ヤー

社会


記者やデスクがとってきた、気になるニュースの裏側を解説する「ウラどり」。

「1円携帯」が、姿を消しつつある。

年末年始は、携帯の買い替えが多い書き入れ時だが、以前よく目にした1円携帯がほぼ姿を消した。

注目のウラ情報は、「公取と転売ヤー」。

公正取引委員会は2022年、1円携帯は、独禁法が禁じる不当廉売の可能性があるとして調査を開始。

また、高値転売を狙う「転売ヤー」に食い物にされている面もあり、携帯大手各社はルール作りを急いでいる。

1円販売の無理な値引きのしわ寄せが、わたしたちの携帯料金にも及んでいる可能性もある。

(FNNプライムオンライン1月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース