空が突然真っ黒 鳥の大群 “あの音”聞こえず 正体は

社会


長崎県の空に起きた異変。

空を埋め尽くすように動く黒い影。

カメラがズームすると、羽が確認できる。

正体は、鳥の大群。

4日午前7時ごろに現れた。

2022年12月25日には、テレビ長崎のスタッフも遭遇。

その時、ものすごい羽音がしたという。

テレビ長崎スタッフ「ヘリコプターの音だと思った。『バララララ』みたいな」

一方で、この2つの映像、共通する不思議な点があった。

これだけの鳥がいるのに、“あの音”がほとんど聞こえない。

テレビ長崎スタッフ「鳴き声は、まったく聞こえなくて」

専門家に鳥の正体を調べてもらうと、この鳴き声が聞こえないことが手がかりになった。

東京大学・樋口広芳名誉教授「トモエガモという、カモということがわかりました。トモエガモというと、ガーガーと大きな声で鳴く鳥ではない」

渡り鳥のトモエガモ。

もともとは、朝鮮半島などで冬を越していたが、ここ最近は、日本まで来るように。

東京大学・樋口広芳名誉教授「この冬、地元の人でもびっくりするくらいの数が来ている。(地元の方の推定で)ざっと10万羽くらいいるのでは」

トモエガモは、3月ごろには、北に向けて飛び立つという。

(FNNプライムオンライン1月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 長崎県