まさに危機一髪 現場は駅 ホームとの間に転落寸前... インド

国際・海外


インドの駅を出発した列車。

乗客が心配そうに見つめる先には、入り口にしがみついて引きずられている男性が。

バランスを崩して、ホームのすき間に落ちそうになるが、列車は走り続ける。

そこに鉄道警察の隊員が駆けつけ、地面を転がりながら、男性を引っ張り上げた。

異変に気づき、駅の中から飛び出してきた隊員。

とっさの行動が命を救った。

インドの駅で起こった危機一髪の出来事は、ほかにも...。

とある駅のホーム。

男性2人が立ち話をしていた次の瞬間、突然、左の男性の頭や足元に火花が散った。

そのまま後ろに倒れると、頭から線路に転落した。

映像をよく見ると、頭の後ろに白い線のようなものが伸びている。

切れた高圧線のケーブルが接触した。

体を棒のように硬直させ、倒れ込む男性。

腹から白い煙が上がり、足を伸ばした状態のまま、動かなくなってしまった。

騒然とするホーム。

担架が用意されると、周囲の人たちが線路に降りて救助を始めた。

男性はその後、病院に搬送。

やけどや、けがをしていたが、その後の容体は安定しているという。

(FNNプライムオンライン1月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース