崖下の男性2人を救助 船で近づけず なぜここに 佐賀

社会


ゴツゴツした大きな岩場にいるのは、60代の男性2人。

海上保安部のボートが救助に向かうが、なかなか近づけない。

救助劇が繰り広げられたのは、佐賀・玄海町にある灯台の崖下10メートルの場所。

周りを高い崖で囲まれ、浅瀬だったため、救助に向かったボートでは近づけなかった。

なぜ男性たちは、そんな危険な場所にいたのだろうか。

2人は釣り客だったが、レンタルしたモーターボートが座礁。

2人は、岩場に上がって救助を待っていた。

そこに到着したのが、海保のヘリ。

陸からも空からも近づけない崖下に、隊員がロープで降下。

およそ3時間後、ヘリコプターで救助された。

2人とも、足に軽いけがをしていて、病院に運ばれたという。

ボートから油の流出などはなかった。

(FNNプライムオンライン1月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース