菅前首相 ベトナム首相らと会談 中ロ情勢など意見交換

政治・外交


ベトナムを訪問している自民党の菅前首相は9日、フック国家主席やチン首相との会談などを相次いで行った。

チン首相との会談では、中国やロシアをめぐる情勢などについて意見交換した。

この中で、北朝鮮について菅氏は、相次ぐ弾道ミサイル発射に国際社会が一致した対応を取ることの重要性を強調するとともに、拉致問題解決への協力を求め、チン首相は理解を示した。

そのうえで、両国の協力強化を確認した。

菅前首相「経済だけでなく、人材育成、安全保障をはじめとしたあらゆる分野において、両国の関係をいっそう強化していくことで一致をした」

ベトナムは、菅氏が首相に就任して初めて訪れた地で、独自のパイプを生かした外交を展開した形。

また、菅氏はフック国家主席との会談で、安倍元首相の国葬への出席に対し、謝意を伝えた。

(FNNプライムオンライン1月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース