株式市場活性化へ 清田CEO“新たな株価指数”立ち上げ検討

経済・ビジネス


東京証券取引所などを運営する日本取引所グループの清田CEO(最高経営責任者)は、BSフジ「プライムニュース」に出演し、株式市場活性化のために新たな株価指数を作ることを検討していると明らかにした。

株式市場では、日経平均株価やダウ平均など全体の値動きを示す指数があるが、選ばれた銘柄で構成される、新たな株価指数の立ち上げを検討しているという。

日本取引所グループ・清田瞭CEO「東証が選ぶ以上は、わかりやすい基準でみんなが理解できて、かつ努力をすれば達成できるような、そういった物差しで選ばれるような仕組みを作りたい」

企業価値を上げるために企業が努力するきっかけとなることを目指し、選ばれる銘柄の数や基準は「研究中」だとしている。

(FNNプライムオンライン1月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース