強烈寒波で北海道・札幌市に大雪警報 交通障害など要警戒

社会 気象・災害 暮らし


北海道・札幌市で、9日夜から大雪となっており、10日午前11時半現在も大雪警報が出ている。

交通障害などに警戒が必要。

午前2時すぎの札幌市では、雪が横殴りに降っていた。

札幌市では、9日夜から雪が降り続け、夜が明ける前から、市民らが雪かきに追われた。

午前11時までの24時間に降った雪の量は、札幌市の多いところで49cmとなっている。

住民「これからも20~30cmって言っているから、1回やれるところまでやっておかないと」、「今まで少なかった分、取り返すように降るんじゃないかと思って心配している」

大雪は、10日昼過ぎまでがピークで、引き続き交通障害などに警戒が必要。

(FNNプライムオンライン1月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 北海道