迷いクジラ 同じ場所にとどまる 大阪・淀川 海保がきょうも監視

社会


9日から大阪の淀川近くに入り込んでいるクジラが、10日も同じ場所にとどまっていることが確認され、海上保安本部が監視を続けている。

9日午前、大阪の淀川河口、水深2メートルほどの浅瀬で、体長およそ8メートルのクジラが確認された。

頭の形などから、マッコウクジラとみられる。

海上保安本部によると、9日と比べて目立った変化はなく、時折、潮を吹きながら、ゆっくりと動く状況が続いている。

海上保安本部は10日も監視を続け、「見守りながら、関係機関と対応を協議する」としている。

(FNNプライムオンライン1月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 大阪府