元甲子園球児が一番福に 「福男選び」3年ぶりに開催

社会 旅と暮らし


商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社として知られる兵庫・西宮市の西宮神社では、新春恒例の「福男選び」が3年ぶりに開催された。

10日午前6時、開門のかけ声とともに、およそ1,000人の中から抽選で選ばれた208人の参加者たちが一斉に飛び出した。

およそ230メートルの参道を一気に駆け抜け、3番目までに本殿にたどりついた人が「福男」の称号を与えられる。

2023年見事に一番福をとったのは、元甲子園球児で大阪商業大学野球部の植本亮太さん(22)。

一番福・植本亮太さん「コロナ禍で3年ぶりで、より多くの方々が参加されていると聞いたので、その中で一番になれたことはうれしく思います」

2023年は、新型コロナ対策のため、抽選の参加人数が減らされ、鏡開きが中止された。

(FNNプライムオンライン1月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース