道頓堀川でニホンウナギ 絶滅危惧種...調査で捕獲は“初”

社会


絶滅危惧種に指定されているニホンウナギの生息が、大阪市の道頓堀川で初めて確認された。

大阪府立環境農林水産総合研究所は、道頓堀川でニホンウナギの生息調査を行い、2022年10月11日に、11個体の捕獲に成功したことを発表した。

ニホンウナギは、大阪府レッドリストでドジョウやメダカなどと並び、数が大幅に減少している絶滅危惧種II類に指定されていて、学術的な調査による捕獲は初めて。

(FNNプライムオンライン1月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース