鳥インフルで1000万羽超 1つのシーズンとして初

社会


処分されるニワトリなどの数が、初めて1,000万羽を超えた。

10日、新たに宮崎県の養鶏場で鳥インフルエンザの発生が確認され、処分されるニワトリなどの数は、北海道と22の県であわせておよそ1,008万羽となり、1つのシーズンとして初めて1,000万羽を超えた。

(FNNプライムオンライン1月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース