“勝負めし”は「麻婆豆腐にオムライス」 口どけ良い逸品おやつに “夢の対決” 将棋の王将戦七番勝負 藤井五冠が白星発進【静岡発】

文化 旅と暮らし

若き天才・藤井聡太五冠が、レジェンド・羽生善治九段に競り勝った王将戦第1局。勝負の行方とともに注目を集めたのが、2人が食べた「勝負めし」と「おやつ」だ。開催地の静岡県掛川市のホテルでは、期間・数量限定で料理を提供し将棋ファンが舌鼓を打っていた。

夢の対決は藤井五冠が先勝

王将戦七番勝負第1局
王将戦七番勝負第1局

1月8日と9日に掛川城の二の丸茶室で行われた、王将戦七番勝負の第1局。
藤井五冠が羽生九段に勝利をおさめ、タイトル防衛に向け好スタートを切った。

対局前日の前夜祭では、藤井五冠が対局中に提供されるおやつについて言及していた。

前夜祭で話す藤井五冠
前夜祭で話す藤井五冠

藤井 聡太 五冠:
お茶の街ということで、以前の対局の際にも緑茶・抹茶・お茶のケーキなどいただきましたが、本当にどれもおいしくて今年も楽しみにしています

初日のおやつ1時間半で完売


対局初日、藤井五冠と羽生九段が食べたおやつが「火の羊羹(ようかん)」。
ゆず蜂蜜・掛川茶・本煉の3つの味が楽しめる、くちどけの良いあっさりとした逸品だ。


対局2日目の9日に、販売する掛川市の和菓子店を訪ねてみるとすでに「本日分終了」の文字が。150本用意したようかんは、開店から1時間半ほどで完売していた。

三重県から訪れていた将棋ファンもいたが、残念ながら購入できなかったという。あまりの反響ぶりに店主も驚いている。

伊藤店主:驚きました
伊藤店主:驚きました

伊藤菓子舗・伊藤 光男 店主:
こんなに早くいろいろな人に知れ渡るんだなと驚きました。日本を代表する方々なので、その2人に召し上がっていただけたということはとても光栄だし、ありがたいことだと思っています

この和菓子店では電話注文や予約はできず、店頭での販売のみになっている。

勝負めし期間限定で提供

掛川グランドホテル(静岡・掛川市)
掛川グランドホテル(静岡・掛川市)

そして、料理やおやつを提供したのが掛川グランドホテルだ。


勝負から一夜明け、10日から4日間限定で王将戦のメニューとなった「勝負めし」や「おやつ」が提供されている。勝負めし7品とおやつ6品、それぞれ1日限定5食ずつで予約が必要だ。

特に人気なのは、藤井五冠が味わった「麻婆豆腐」や「オムライス」それに「CHABATAKEケーキ」やプリンだという。


藤井五冠のアクリルスタンドを持参し、料理と一緒に写真に収めるファンの姿もあった。

そして王将戦を振り返りながら、それぞれが至福の時間を過ごしていた。

レストラン担当・石山さん:多くの人が味わえるよう検討したい
レストラン担当・石山さん:多くの人が味わえるよう検討したい

掛川グランドホテル レストラン担当・石山 拓哉 さん:
(料理は)は4日間だけという形で限定販売させていただいていますが、できれば多くの皆さんに食べてもらえるような形で考えていきたい


10日時点ではホテルでの「勝負めし」や「おやつ」の提供は13日までとなっているが、藤井五冠が食べた「CHABATAKEケーキ」と「プリン」は、16日からホテルのレストランでも提供されるという。

夢の対決の第1局は終わったが、開催地・掛川市ではしばらく“夢の中”の気分が楽しめそうだ。

(テレビ静岡)

(FNNプライムオンライン1月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース