NYで7000人超の看護師がストライキ 医療現場に影響

国際・海外


アメリカ・ニューヨークで7,000人以上の看護師がストライキを行い、医療現場に影響が出る事態になっている。

ニューヨーク市では9日、市内2つの病院で賃上げや労働環境の改善を求める労使交渉がまとまらず、7,000人以上の看護師がストライキを行った。

新型コロナウイルスの感染拡大以降、看護師は慢性的な人員不足に陥っていて、病院側からは3年間で19.1%の賃上げなどの条件が提示されたほか、ニューヨーク州のホークル知事も仲裁を提案したが、合意には至っていない。

今回の看護師によるストライキを受け、患者の手術が延期になるなど、医療現場に影響が出ているが、10日もストライキは継続される。

(FNNプライムオンライン1月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国