デザインで価値向上 新素材カフェオレベースとは

経済・ビジネス


ごみ箱を、素材箱に変えるデザインの力に迫った。

瀬戸内海に浮かぶ島にあるカフェ。
穏やかな海を眺めながら、ゆったりと過ごせる店内を優しく照らすランプシェードの原点は、この店のひき立てを丁寧に抽出したコーヒーから出る、本来ごみとされてきたコーヒーかすだった。

愛知・名古屋市で、素材デザイナーとして活動する村上結輝さん(24)。

素材デザイナー・村上結輝氏「入れ終わったコーヒーかすが、お湯を通した瞬間にごみになる。もっとコーヒーかすに価値を感じてもらえるように、何か作り替えるという意味でアップサイクルしようかなと」

村上さんが開発したのが、自身の生活から出るコーヒーのかすに、消費できない牛乳から加工して抽出された接着剤を組み合わせた、カフェオレベースという新たな素材。

その素材によって、花瓶や植木鉢、ランプシェードといったインテリアグッズに生まれ変わらせた。

焙煎(ばいせん)度合いや、ひく細かさの違いによって色味も異なり、1つ1つが個性あふれる作品に。

自然素材で構成されているため、最後は土に返せるというのも特徴。

素材デザイナー・村上結輝氏「コーヒーかすに価値があると思ってもらったら、『じゃあ捨てないで取っておこう』とか、捨てるとしても『この一杯を大切に飲もう』とか、気持ちが変わるだけで、もっとみんなの生活がゆっくり変わっていくと思っている」

そして村上さんの取り組みに注目したのが、各地のカフェ。

名古屋市内のTHE CUPSでは、自身の店舗から出た、袋いっぱいのコーヒーかすを植木鉢として利用していた。

THE CUPS・櫻庭大輔代表「店から出たコーヒーの出がらしを使った植木鉢に入った植物ってすごく感慨深い。コーヒー店として、また別の付加価値がつけられるのかなと思います」

ごみとされたものの価値をデザインの力で変える。

コーヒーかす以外にも、廃棄された石こうボードから建築用の新素材を開発するなど、ごみの新たな行き場を模索する村上さん。

村上さんが中心となって展開しているアップサイクルコミュニティーでは、日々若者から企業が集まり、廃材に対しての価値観を変えるきっかけを創出する場となっている。

素材デザイナー・村上結輝氏「(ごみを)ごみという以外の気持ちで見ることで、いろんな人がごみじゃないものに作り替えていく未来を作っていきたい。ごみという概念をなくす。ごみ箱ではなく素材箱。次に何に使おうかなと楽しみながら入れる箱になれば面白い世界になる」

(FNNプライムオンライン1月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース