【速報】「犬王」アニメ映画賞の受賞逃す 米・ゴールデングローブ賞

文化


アメリカ・アカデミー賞の前哨戦とされる「ゴールデン・グローブ賞」が日本時間11日午前に発表され、アニメ映画賞にノミネートされていた湯浅政明監督の「犬王」の受賞はならなかった。

「犬王」湯浅政監督「運がよければ、いいこともあるかも。せっかくのアワードを楽しみたい」

4年ぶりに日本作品としてアニメ映画賞にノミネートしていた、湯浅監督の「犬王」だが、惜しくも受賞はならなかった。

「犬王」は、室町時代に実在した能楽師をモデルにした小説が原作。

犬王が、1人の琵琶法師と友情で結ばれ、歌と舞で聴衆を熱狂させる姿を描いている。

湯浅監督は受賞式前日、ノミネートされたことについて、「海外の多くの人に知ってもらえて、犬王も喜んでいると思う」と話していた。

残念ながら受賞は逃したが、ノミネートされたことで、世界中から、ますます注目を集めるとみられる。

(FNNプライムオンライン1月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース