菅氏が岸田首相に“苦言”は「自民に不満がたまっている証拠」立憲・安住国対委員長

政治・外交


岸田首相が派閥会長を続けていることを巡り、菅前首相が「歴代首相の多くが派閥から出て務めていた」などと述べたことについて、立憲民主党の安住国対委員長は11日、「自民党内に不満がたまっている証拠」との見方を示した。

岸田首相は、就任後も派閥の会長を続けているが、菅氏は10日に訪問先のベトナムで記者団に、「首相は国民全体の先頭に立って汗を流す立場にある。歴代首相の多くも、派閥から出て首相を務めていたのではないか」などと述べていた。

菅氏の発言について見解を問われた安住氏は、「いろいろな意味で、自民党内に不満がたまっている証拠なのかと思う」と述べた。

また、「菅氏は、ある意味で派閥に頼らず、首相の座まで上り詰め、派閥政治でなくて、自民党の代表として首相をやったという自負があるから、派閥の会長をしている岸田首相に対して疑問を呈したのだと思う」と分析。

その上で「感覚としては正しい」と共感を示し、「やはり首相は、派閥のために何かをやるのではなく、派閥を離れて、もっと高い次元で政治をやるべきだ」と語った。

(FNNプライムオンライン1月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース