首相トップセールスのウラ側 フランスで“売り込み”

政治・外交


記者やデスクがとってきた、気になるニュースの裏側を解説する「ウラどり」。

岸田首相が、海外で“トップセールス”を展開。

岸田首相は、外遊先のフランス・パリで、ユネスコのアズレ事務局長と会談。

世界文化遺産への登録を目指す「佐渡の金山」について説明した。

注目のウラ情報は、「『佐渡の金山』登録へ背水の陣」。

「佐渡の金山」をめぐっては、2022年2月に推薦した際は、内容の不備を指摘され、世界遺産登録を断念。

政府関係者は、今回の岸田首相のトップセールスについて、「日本政府としての立場を提起したものだ」と解説。

2023年2月の再提出に向け、背水の陣で臨む。

(FNNプライムオンライン1月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース