大もめ下院に大うそ議員 経歴でたらめ どこまで?

国際・海外


アメリカで今、注目を浴びている議員。
その経歴は、うそだらけだった。

投票回数15回。
もめにもめた、アメリカの下院議長選挙。

その中で、やたらとカメラに抜かれる男性議員がいた。

共和党のジョージ・サントス下院議員(34)。

2022年に選出されたばかりの新人だが、注目されている理由は、経歴詐称。

それも、1つや2つではない。

「大学を卒業しました」、「金融会社で14年間働きました」、「わたしはユダヤ系です」、これらは、すべてうそ。

何から何まで、うそだらけのサントス議員。
さらに、こんな疑惑も...。

記者「あなたの本当の名前は?」

名前までうそなのでは? とささやかれている。

議長選挙の時には、自分の名前を呼ばれても、しばらく気づかなかったサントス議員。

「経歴については脚色した」と話しているものの、「わたしは犯罪者ではない」と弁明している。

(FNNプライムオンライン1月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国