迷いクジラ、ほぼ同じ場所に 発見から丸2日

社会


大阪の淀川河口近くにいるクジラは、発見から丸2日たった11日も、ほぼ同じ場所にとどまっている。

9日、大阪の淀川河口の水深2メートルほどの浅瀬で、体長およそ8メートルのクジラが確認された。

頭の形などから、マッコウクジラとみられる。

監視を続けている海上保安本部によると、クジラは、発見された地点から、およそ100メートルほど海寄りの場所にとどまっている。

専門家によると、淀川の河口は本来の生息域ではなく、弱っている可能性もあるという。

(FNNプライムオンライン1月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 大阪府