「一方的で極めて遺憾」 ビザ問題で松野官房長官

政治・外交


中国が日本人へのビザの発給を一時停止したことについて、松野官房長官は、記者会見で「一方的で極めて遺憾だ」と述べた。

松野官房長官「中国が新型コロナ対策とは別の理由で、査証発給の制限を一方的に行ったことは極めて遺憾」

中国政府は、日本の水際対策の強化などを受け、日本から中国に渡航するビザの発給を一時停止することを発表しているが、11日午前の記者会見で松野長官は、中国側に対し抗議するとともに、撤廃を求めたことを明らかにした。

また、日本が実施した水際措置は、「コロナ対策を目的としており、国際的な人の往来を止めるものとならないように可能なかぎり配慮を行った」と強調し、今後の対応について、「中国での感染状況や、中国側による情報開示のあり方などを見つつ適切に対応していく」とした。

(FNNプライムオンライン1月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース