中国ビザ停止は「極めて遺憾」 岸田首相が撤廃を要求

政治・外交


中国による日本人へのビザ発給の一時停止について、岸田首相は、訪問先のイギリスで「極めて遺憾だ」と述べた。

岸田首相「中国が、新型コロナ対策とは一見関係がないと思われる査証発給の制限を、一方的に行った。極めて遺憾である」

また岸田首相は、日本側がとっている臨時的措置は「コロナ対策を目的として、国際的な人の往来を止めるものとならないよう実施している」と強調した。

一方、12日午前、松野官房長官は、会見で「中国の措置の影響を注視しつつ、日本企業への支援をしっかりと行っていく」と表明した。

(FNNプライムオンライン1月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース