行動制限ない年末年始も物価高騰で伸び悩み…12月の「景気の実感」2カ月連続で悪化

経済・ビジネス


内閣府が公表した12月の「景気ウォッチャー調査」では、景気の実感を示す「現状判断指数」が47.9だった。前の月を0.2ポイント下回り、2カ月連続で悪化した。

3年ぶりに行動制限がない年末年始で、百貨店などの小売りではプラスになった一方で、原料の価格高騰を受け製造業では大きくマイナスとなった。「受注量が減少し、材料価格は高騰したまま販売量は低調に推移している」(四国の製造業)などのコメントが寄せられている。

また、2カ月後から3カ月後の景気の見通しを聞いた「先行き判断指数」は、前月比で1.9ポイント上がり、4カ月ぶりに上昇した。

飲食や小売り業を中心に上向いているものの、「冬の光熱費の上昇で食品の節約が顕著になり、売上が厳しくなる」(東北のスーパー)などの声も多く上がっている。

(FNNプライムオンライン1月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース