“恐竜プロジェクト”のウラ側 新幹線延伸を見据え

社会 旅と暮らし


記者やデスクがとってきた、気になるニュースの裏側を解説する「ウラどり」。

2024年春の北陸新幹線、福井延伸を見据え、県が誇る観光コンテンツ「恐竜」に力を入れた誘客プロジェクトが動き始めている。

その目玉が、勝山市にある県立恐竜博物館のリニューアル。

注目のウラ情報は「体感・体験を重視」。

実物大の恐竜を映し出す巨大スクリーンの設置のほか、化石の組み立てや分析を体験できる部屋などが設置される予定。

県が、観光の呼び水にしたいと考える恐竜博物館。
この夏、大きく進化してオープンする。

(FNNプライムオンライン1月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 福井県