“旅する社労士”のウラ側 助成金詐欺の疑い

社会


記者やデスクがとってきた気になるニュースの裏側を解説する「ウラどり」。

社会保険労務士の女らが、新型コロナウイルスの雇用調整助成金をだまし取った疑いで逮捕された。

逮捕された丸山文子容疑者(52)は、助成金あわせて3,000万円以上をだまし取り、数百万円の報酬を得たとみられている。

注目のウラ情報は、「“対応の悪さ”で事件が発覚」。

今回の事件は、助成金を担当する東京労働局が聞き取り調査を行おうとしたところ、丸山容疑者が対応しなかったことから、警視庁に相談があり、発覚したという。

(FNNプライムオンライン1月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース