「いなづま」スクリューに損傷 護衛艦 航行不能

社会


船体のソナーなどに損傷があることがわかった。

山口・周防大島沖で、航行不能となった海上自衛隊護衛艦「いなづま」が、11日の潜水調査で、船体前方のソナーに亀裂が確認されたほか、船尾にある2カ所のスクリューも壊れていることがわかった。

(FNNプライムオンライン1月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース