ロシアで兵士の募集動画 ドラマ仕立てで効果は?

国際・海外


ロシアでは今、こんな動画が出回っている。

「若者たちが戦場にいる。人々はナチスに苦しめられている。俺たちは、こんなところで人生の不満を言っている場合じゃない!」

志願兵を集めるために作られたドラマ仕立ての宣伝動画。

10種類以上が制作され、ロシア国内で流れているという。

別の動画では...。

買い物に来た高齢の男性が、ソーセージを手に取るが、財布を開けるとお金がない。

貧しい暮らしをする男性。
ついに自分の車を売ることを決意するが...。

「おじいちゃん! もう車を売る必要はないよ。僕は軍隊に入ったんだ」

「孫が軍隊に入って給料をもらい、救われる」という物語。

さらに、こちらは娘と父親のストーリー。

「申し訳ないんだが、まだ給料をもらっていないんだ。お前にしか頼めなくて...」

お金に困った父親に、娘は自分の貯金箱を渡す。

「パパは昔、軍隊でけがをしたの。今は工場で働いていて、すごく苦労しているみたい」

その話を外でこっそり聞いていた父親は、心配する娘のために、もう一度軍隊へ入ることを決意する。

戦場で戦い、帰ってきた父が手渡したのは、軍隊でためた給料で買った、娘が欲しがっていたスマホ。

ほかにも、軍隊に入ったことで憧れの女性をデートに誘う勇気が出たり、酒浸りの毎日にうんざりした男性が軍隊入りしてピカピカの新車とともに現れたり。

どれも軍や兵士を美化するものばかりだが、現実の戦場は...。

ウクライナ側が公開した映像に映っているのは、ロシア側の兵士だとしている。

容赦なく弾丸が飛び交う戦場で、きれいごとは通用しない。

ウクライナ側によれば、15日に追加の動員を計画しているというロシア。

2022年の動員令では、大量の人が国外に逃げ出したが、宣伝動画は、国民の意識を変えられたのだろうか。

(FNNプライムオンライン1月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 欧州