カリフォルニアで大洪水 水没 土砂崩れ 再び大雨か

国際・海外


冠水した街をカヤックで移動する人や、さらには、車に引っ張ってもらいながらサーフィンをする若者の姿も。

冬の嵐により記録的な大雨に見舞われた、アメリカ・カリフォルニア州。

水は街をのみ、家の1階部分は水没している。

道路を渡っている途中にあふれた水で動かなくなったのか、車を押す人の姿もあった。

岩山の上から流れ落ちる濁流は、激しい音を立てながら、さらに麓に向かって流れていく。

山道では、土砂崩れが。
こうした土砂崩れは別の道でも。

大きな岩が道をふさぎ、ドリルで撤去しなければならない。

道路の陥没も起きている。

ぽっかりと開いた穴の深さは、およそ4.5メートル。
中には、2台の車が落ちてしまっている。

嵐が去ったロサンゼルスの高級住宅街には、深い爪痕が残っていた。

大きな被害を出した嵐は、これで終わりそうにない。

冬の嵐は、来週中ごろまで続くと予想されていて、週末にも再び大雨が降るとして、警戒が強まっている。

(FNNプライムオンライン1月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国