銀行口座のひも付け制度検討 マイナンバーカード

経済・ビジネス


自治体などがすでに把握している住民の銀行口座を、マイナンバーカードにひも付ける制度を検討。

マイナカードにひも付けることで給付金などが受け取りやすくなる、「公金受取口座」の登録者はカード所有者の50%未満にとどまっている。

政府は登録者数を増やすために、自治体などが把握している公的年金や児童手当などを振り込む口座を、マイナカードにひも付ける制度を検討している。

政府は関連する法案を、1月23日に召集される通常国会に提出する方針。

(FNNプライムオンライン1月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース