東京駅前 ヤンマーが米好きになるテーマ施設 ブランド力を構築する技

経済・ビジネス


高騰する小麦に変わる食品として注目を集める「お米」がテーマの商業施設が、13日にオープンする。

農機具などの大手機械メーカー・ヤンマーホールディングスが、大規模な再開発が進む東京・八重洲に、13日にオープンするのは、東京駅直結の商業施設「YANMAR TOKYO」。

主役はずばり、「お米」。

こちらの店舗では、全国26の産地から集めたブランド米がそろえられていて、「自分に合ったお米を見つけられる」がコンセプト。

こちらのイタリアンレストランでは、ちょっと変わったティラミスを提供。

お米のお菓子「ポン菓子」が添えられ、香り付けには米焼酎を使っている。

このほかにも「のり弁」の販売店など、お米にこだわった6店舗が店を構えている。

また、米作りの知識などを学べる体験型のギャラリーも併設され、世界のお米を使った料理を映像で見ることができる。

ヤンマーHD・長屋明浩取締役CBO「まずは知識の部分で知ってもらう、好きになってもらうというところが、わたしたちのスタートだと思っている」

(FNNプライムオンライン1月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース