バイデン大統領自宅からも 新たに機密文書複数発見

国際・海外


アメリカのバイデン大統領は、副大統領時代の機密文書が新たに自宅でも見つかったことを明らかにした。

司法省は特別検察官を任命して、捜査に乗り出すことを明らかにした。

持ち出された機密文書は、バイデン大統領がオバマ政権で副大統領だった時代のもので、新たな文書が複数デラウェア州にあるバイデン氏の自宅の倉庫や書斎で見つかった。

バイデン氏も12日、文書が見つかったことを認めた。

バイデン大統領「司法省の捜査に完全かつ完璧に協力している」

司法省は、捜査を指揮する特別検察官を任命して、新たに捜査に乗り出すことを明らかにした。

2024年の大統領選に意欲を示すバイデン氏にとって、大きな打撃となりそう。

(FNNプライムオンライン1月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国