【ガーシー氏帰国へ】警視庁が捜査に本腰…見て取れる本気度 NHK党立花氏は「いきなり国会に現れた方が面白い」

社会 政治・外交

NHK党のガーシ参院議員が12日、SNSのライブ配信で、3月上旬に帰国すると語った。ガーシー議員は動画サイトで著名人を脅迫した疑いで、同日、関係先の家宅捜索を受けていた。

ガーシー議員「3月上旬帰国」 警視庁は帰国待たず関係先を家宅捜索

ガーシー参院議員が12日、自身のSNSを更新。帰国時期について明言した。


NHK党 ガーシー参院議員(インスラグラムより):
僕は3月上旬に日本に帰国します。先ほど昼の2時、日本の午後2時に、高橋先生と僕の秘書が警視庁にその旨をお伝えしに行きました。
その一番の根拠というか理由は、僕が3月に始まる参議院に出席するために日本に帰国します。その際に事情聴取を受けますよということを、警視庁にお伝えしました。
これが全ての事実です。


“暴露系ユーチューバー”として活動しているガーシー議員は、以前から中東のドバイに滞在。2022年7月の参院選当選後も帰国せず、「芸能界の裏話」などと称して、芸能人の私生活を動画投稿サイトに発信してきた。この活動を通じて、広告収入を得ているとみられている。


ガーシー議員が発信した内容を巡っては、2022年、複数の著名人から「脅迫や名誉毀損にあたる」として告訴状が提出された。

これを受け警視庁は、脅迫の疑いなどでガーシー議員に任意の事情聴取を要請。これに対しガーシー議員は、2022年12月30日に公開した動画で「帰国してきちっと対応する」などと発言していた。

12日、家宅捜索を受けた関係先(東京・杉並区)
12日、家宅捜索を受けた関係先(東京・杉並区)

しかし警視庁は、帰国を待つことなく今回の捜査に踏み切った。12日、ガーシー議員の動画の広告収入を管理する東京・杉並区の関係先に家宅捜索に入ったのだ。

“捜査2課”による“関係先”の家宅捜索 見て取れる警視庁の本気度

フジテレビの平松秀敏解説委員が注目しているのは、家宅捜索に入ったのが、関係先の会社だったという点だ。


フジテレビ 平松秀敏 解説委員:
警視庁は、ガーシー議員を巡る金の流れや実態をしっかり解明しないといけないと、そう思ったからこそ、今回の家宅捜索だと思うんです。容疑となっている脅迫や名誉毀損という行為自体が、場合によっては、ガーシー議員にとっての金儲けの道具になっていた可能性がある。だからこそ今回、会社に対する家宅捜索になったんだと思います。


また、捜査が行われたタイミングついては、1月23日から始まる通常国会の前に行うことが重要と指摘。その上で、警視庁の“本気度”をこう推測する。


フジテレビ 平松秀敏 解説委員:
家宅捜索を行ったのが、警視庁の捜査2課。あの東京地検特捜部と双璧をなす、知能犯事件・詐欺事件や贈収賄事件のスペシャリストの集団なので、これは本腰をいれて金の流れを調べるんだということが、これだけでも分かる。

NHK党・立花氏「いきなり国会に現れる方が面白い」

12日、FNNの単独取材に応じたNHK党の立花党首は、ガーシー議員の帰国時期についてこう明言した。


ーーガーシー議員の帰国は?
NHK党 立花孝志 党首:

僕は3月27日の週って調整しているんですけど。「帰ってきた方が良いと思いますよ」って話はして、本人も帰ってくる気でしたからね。


ーー事情聴取のために帰国は?
ああ…、それはあんまり意味が無いと思いますね。
NHK(に関する)質問で、国会の初陣を飾るのが一番良いと思っているんですよ。それをみなさんに事前にお知らせするかどうかも今検討中です。いきなり国会に現れる方が面白いと思っているので。

ガーシー議員は2022年、日本への帰国について「もちろん不逮捕特権があるんであれば、胸を張って堂々と日本に帰りたいなって言う気持ちはあります」と話していた。

ようやく帰国でどうなる?…問われる有権者一人一人の見識

2022年7月に初当選したガーシー議員が、 ようやく日本に戻ってくる…。


ジャーナリストの柳澤秀夫氏は「これまで国会に出てこなくても、歳費をもらっていた。国民の目からみるとどうしても違和感がある。これは一般論だが、我々も選挙の時に、誰に・どこの党に一票を入れるのかということは、有権者の一人として、我々一人一人、その見識が問われていると感じる」と受け止めを話した。

ガーシー議員を巡る問題は、どこへ向かうのか。帰国後、果たしてどのような説明をするのか…。
警視庁は、容疑の裏付け捜査を進めている。

(「イット!」2023年1月12日放送より)

(FNNプライムオンライン1月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース