「中国敗北するも日米にも大きな被害」 “中国の台湾侵攻”シナリオ 米研究所が発表

国際・海外


アメリカのシンクタンクが、中国の台湾侵攻を想定し、中国の作戦が失敗する可能性が高いとする一方で、日本とアメリカにも大きな被害が出るとの報告書を発表しました。

CSIS=戦略国際問題研究所は9日、中国人民解放軍が2026年に台湾に上陸することを想定し、軍事専門家などによる、報告書を発表しました。
報告書では24のシナリオが記され、ほとんどのシナリオでアメリカ軍は台湾防衛に成功しています。

ただ、中国軍が巡航ミサイルなどで日本にあるアメリカ軍基地や自衛隊施設を攻撃するともされ、日米両国が多数の航空機や艦船を失う点も指摘されています。
台湾側で参戦するアメリカや、日本などで合わせて、数万人の兵士が死亡する一方、中国海軍も壊滅状態となり、数万人の兵士が失われると分析しています。

(FNNプライムオンライン1月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース