「派閥離れるのは良識」石破氏も岸田首相に苦言

政治・外交


自民党の石破元幹事長は13日、CS番組の収録で、岸田首相が首相就任後も岸田派の会長を務めていることについて、「派閥を離れることが自民党の良識」と苦言を呈した。

岸田首相の派閥会長継続をめぐっては、菅前首相が10日、「首相は、国民全体の先頭に立って汗を流す立場にある。歴代首相の多くも、派閥から出て首相を務めていた」と指摘していた。

石破氏は番組で、「岸田首相が派閥色をすごく出しているかどうかは別の問題として、やはり形式として派閥を離れることは、一つの自民党の良識ではないか」と述べた。
さらに、石破氏は派閥について、「政策をきちんと勉強するなどの機能がさらに発揮されれば、派閥批判は薄らぐと思う」と述べる一方、「そういうのは一体どこにいったのかという思いを持つ人もいる」と述べた

(FNNプライムオンライン1月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース