日韓外相が電話会談 “元徴用工”問題「解決に向け意思疎通続ける」

政治・外交 国際・海外


林芳正外相は、13日、韓国の朴振外相と電話で会談し、日韓の懸案であるいわゆる元徴用工問題の解決策について協議し、解決に向け、両国の意思疎通を続けていくことを確認した。

元徴用工問題をめぐっては、12日に韓国・ソウルで開かれた公開討論会で、韓国外務省は、解決策について、元徴用工らを支援してきた韓国の財団が日本企業の賠償を肩代わりする案が有力だと表明した。
一方、原告側は、被告である日本企業の出資や日本政府の謝罪が大前提との立場で「被害者を無視している」と政府を批判した。

こうした中、13日正午過ぎから約15分間行われた日韓外相の電話会談では、懸案を解決して日韓関係を健全な関係に戻し、さらに発展させるべく、外交当局間の緊密な意思疎通を継続していくことで一致した。
また、両外相は、北朝鮮による挑発行為は、重大かつ差し迫った脅威で、国際社会に対する明白かつ深刻な挑戦だとして、引き続き日韓、日韓米で緊密に連携していくことを確認した。

(FNNプライムオンライン1月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース アジア