小池知事「国が遅いだけ」 少子化対策で苦言

政治・外交 地域


第2子の保育料を無償化する方針を示している東京都の小池知事は、少子化対策について、「国が遅い」と苦言を呈した。

13日の会見で、国より早く少子化対策をする狙いがあったか問われると、小池知事は、「そうではなく、国が遅いだけの話です。東京都として、なすべきことをいち早く、都民のみなさんの共感を得ながら、進めていくことが重要だと思っています」と答えた。

そのうえで、「国民に刺さる、そういう政策を掲げ、かつ速やかに実行することが必要だ」と強調した。

(FNNプライムオンライン1月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 東京都