激戦地 負傷兵の収容中... ロシア側は「全域を制圧」

国際・海外


ウクライナの戦場を走る、装甲兵員輸送車。
ボロボロになった建物の近くに止まった。

車体には、赤い十字マークが。
すると、建物の中から、けが人が運び出された。

砲弾が飛び交う中、傷ついた兵士を収容する瞬間。

けが人を乗せて、荒れ果てた街の中を走っていると、すぐ近くで爆発が。

ここは今、最も激しい戦闘が行われている東部ドネツク州の街ソレダル。

プーチン大統領の側近・プリゴジン氏は、「われわれは、ソレダル全域を制圧した」という声明を出した。

ソレダルには、プリゴジン氏がトップを務める軍事会社「ワグネル」の兵士たちが、大量に動員されている。

一方、ウクライナ側は、制圧報道に反発。

ゼレンスキー大統領「われわれの部隊はソレダルを守り、ロシアに大きな損失を与えている」

情報戦が繰り広げられる中、ロシア側に動きがあった。

現場の最高司令官スロビキン氏が、突然交代。
事実上、解任させられた形。

代わって、その地位に就いたのが、ゲラシモフ参謀総長。

戦況が思うようにいかないロシア。

プーチン大統領としては、制服組のトップを戦場に送る異例の人事で、軍の士気を高めようと決断したとみられている。

(FNNプライムオンライン1月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース