超絶技で優勝した5年生 コツは“発想の転換”だった

暮らし


学校の教室で、子どもたちが格闘しているのは、リンゴの皮むき。

思わず「危ない!」と声を出してしまいそうな手つきで、包丁を持つ子どももいる。

リンゴの皮を、どれだけ長くむけるのか。

愛知・豊橋市の小学校で開かれる毎年恒例の行事。

この日のために、冬休み中に練習を重ねた子どもたちも多く、料理人顔負けの包丁さばきで、ちぎれてしまいそうなほど細く皮をむく、つわものも。

挑戦したのは、1年生から6年生まで、およそ300人。

その中で、ことし優勝したのは、5年生の蓑田かりんさん。

記録は...。

優勝した蓑田かりんさん「目標が19メートルだったので、うれしいです」

包丁ではなく、リンゴを動かすというテクニックで生み出した皮の長さは、目標を超える19m65cm。

真っすぐ伸ばすと、マンションの6階ほどになる。

来年は、歴代最長記録の20m19cmを目指したいという。

(FNNプライムオンライン1月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 愛知県