“アニソンの帝王”水木一郎さんとの深い縁 闘病中に訪問も「小諸が好きだZ!」【長野発】

地域 文化 旅と暮らし

2022年12月に亡くなった「アニメソングの帝王」歌手の水木一郎さん。毎年のように長野県小諸市を訪れ、市民祭りのテーマソングを歌うなど盛り上げにも尽力してきた。

水木一郎さん死去 市長「本当に残念」


伸びやかで力強い歌声。「アニソンの帝王」と呼ばれ親しまれてきた歌手の水木一郎さんが12月6日、肺がんのため亡くなった。74歳だった。

小諸市・小泉俊博市長:
なんて言葉をかけていいのか、本当に残念ですし…

水木さんと小泉市長  提供:小諸市
水木さんと小泉市長  提供:小諸市

小諸市の小泉俊博市長。水木さんと小諸市には深い縁があった。

市民祭りテーマ曲を歌唱

夏の市民祭り「ドカンショ」。


(NBS月曜スペシャル「夏だ!祭りだ!あんたが主役」より)
「ドカンショー! 赤く燃やすぞ明日の空を 浅間男の噴火口 ドカンショ!ドカンショ!ドカン ドカンショ! 小諸ドカンショ」

この歌声は水木一郎さんだ。

2022年6月、小諸市のYouTube公式チャンネルで歌を披露
2022年6月、小諸市のYouTube公式チャンネルで歌を披露

1975年、当時駆け出しだった水木さんに小諸の青年会議所がテーマ曲の歌を依頼。2022年の祭りは中止となったが、6月には市のYouTube公式チャンネルで歌う姿を披露した。水木さんにとって思い出深い1曲だったようだ。

さらに…

歴史・文化やうまいものをPR

(記者リポート)
水木さんは生前、小諸市をよく訪れ、市のPR動画にもたびたび出演していました

YouTube小諸市公式チャンネル「アニキと旅する信州・こもろ」シリーズより
YouTube小諸市公式チャンネル「アニキと旅する信州・こもろ」シリーズより

(YouTube小諸市公式チャンネル「アニキと旅する信州・こもろ」シリーズより)
いい色だな、いい色だな、やっぱりりんご狩りだゼッ!『楽しむぜ!自然の恵み篇』。ちょっと、とりすぎちゃったかな

YouTube小諸市公式チャンネル「アニキと旅する信州・こもろ」シリーズより
YouTube小諸市公式チャンネル「アニキと旅する信州・こもろ」シリーズより

名所の懐古園を訪れたり、特産のそばを味わったり。2019年のPR動画「アニキと旅する信州・こもろ」シリーズだ。

YouTube小諸市公式チャンネル「アニキと旅する信州・こもろ」シリーズより
YouTube小諸市公式チャンネル「アニキと旅する信州・こもろ」シリーズより

「歴史・文化」や「うまいもの」など4本に出演。水木さんは小諸を愛し、盛り上げにも尽力してきた。

小諸市・小泉俊博市長:
リンゴ・モモはじめ、いろんな食べ物がおいしいよと、温泉も大好きでしたね。根っから小諸のことを好きでいてくださったんだなと感じますね

YouTube小諸市公式チャンネル「アニキと旅する信州・こもろ」シリーズより
YouTube小諸市公式チャンネル「アニキと旅する信州・こもろ」シリーズより

動画では多くの市民と共演。懐古園で人力車を営む男性は…

人力車を営む・喜楽屋笑太さん:
あのままテレビから抜け出た感じでエネルギッシュで。(水木さんで)小諸を知ってくれた方がたくさんいると思うので、すごくありがたい

闘病中に最後の訪問 

小諸への最後の訪問は11月23日。闘病中だったが、アニメソングのライブに車いす姿で参加した。


市の魅力発信への貢献を称え、表彰状を渡した。そして、ほかの出演者や市長らと一緒に「こもろドカンショ」を熱唱したそうだ。


小諸市・小泉俊博市長:
水木さんと一緒に歌えたことは、一生忘れることのできない出来事。水木さんが愛していただいた自然や小諸のいいところをしっかり残せるように、行政としてしっかりやっていきたい


小諸を愛し、PRにも尽力し続けた水木さん。ドカンショの歌と共に水木さんの思いは、これからも受け継がれていく。

(YouTube小諸市公式チャンネル「アニキと旅する信州・こもろ」シリーズより)
小諸の歴史と文化、感じようゼ!!

(長野放送)

(FNNプライムオンライン1月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース