1男6女のママは自衛隊員「働く女性の道しるべになりたい」 仕事と子育て両立のカギは“適度なテキトー”

暮らし

自衛隊の駐屯地で開かれた記念行事。


多くの親子連れが訪れる中、忙しそうに男性隊員と段取りを確認する制服姿の女性がいた。


前田佳代さん:
そのタイミングで野外作り準備できたら、やりたいと思います。


陸上自衛隊 司令業務室の前田佳代3等陸佐(42)。イベントなど広報活動を統括する自衛隊員だ。きびきびと働く彼女には、もう1つの顔がある。

お父さんは単身赴任中
お父さんは単身赴任中

それは1男6女、7人の子供のお母さん。ちなみにお父さんは現在、単身赴任中。実質1人で子育てをしながら、外では現役の自衛隊員として働いている。両立できる理由を聞くと…。

前田佳代さん:
「何とかなるかな」と思ってやっているからですかね。“テキトー”で。適当じゃなかったら、やっていかれへんかな。

「何とかなるかな、と思ってやっているからですかね」
「何とかなるかな、と思ってやっているからですかね」

キーワードは「テキトー」?前田さんの1日に密着すると、子育てと仕事を両立するヒントが見えてきた。

朝食はセルフ式 迷彩服で保育園へ

午前5時50分、前田さんの朝は8人分の洗濯物との戦いから始まる。その一方で…。


前田佳代さん:
ご飯食べな~!


小学3年生の四女・葵乃(きの)ちゃんが手を伸ばしたのは、前田家の“パンカゴ”。


朝食はこのカゴから、それぞれ自分で用意するのがルールだ。


2歳の六女を抱き上げて…。

前田佳代さん:
(髪がはねて)ベートーベンになってるじゃない。


四女・葵乃ちゃん:
(4歳の五女に向かって)ちーちゃん?ご飯食べへんの?これ、ちーちゃんの卵焼きだよ。


小さい妹の身支度は、お姉ちゃんたちがお手伝い。五女の髪の毛を三女(小学5年生)が整える。


準備が終われば、前田さんも迷彩服に着替えて出発だ。

取材班:
荷物多くないですか?

「おむつとか着替えとか、子どもたちによって違うんですよ」
「おむつとか着替えとか、子どもたちによって違うんですよ」

前田佳代さん:
これまだ全然少ないですね。おむつとか着替えとか、子どもたちによって違うんですよ。


朝から準備した大荷物を抱え、保育園には今日も一番乗りで到着。すると…。

四女・紡希ちゃん:
え~ん!


末っ子の六女・紡希(つむぎ)ちゃんが泣き出してしまった。

抱きしめると泣きやんだ ここから仕事モードに
抱きしめると泣きやんだ ここから仕事モードに

しかし、ぎゅっと抱きしめると泣きやみ、子どもを保育園に預てここから“お仕事モード”へ。

「子供がいるから仕事も頑張れる」

京都市西京区にある桂駐屯地。


徳島県で育ち、防衛大学へ進学した前田さん。過酷な訓練を乗り越え、今では司令業務室の室長だ。


部下:
話しやすくて、とても頼りがいがあります。私も同じ子持ちなので、「こういうことあるよね」と話したり。


取材班:
女性の室長はよくいる?

部下:
いや、今回(私の配属先では)初めてです。

子育てと仕事の両立は並大抵のことではできない 前田さんは家庭を優先
子育てと仕事の両立は並大抵のことではできない 前田さんは家庭を優先

一方で、子育てと仕事の両立は並大抵のことではできない。同期の多くが、上の階級へとステップアップする中、前田さんは選抜試験を辞退。理由は家庭を優先するため。

「反対に子供とやり合ったから、仕事もやる気がなくなったり。色々ありながらも楽しい・かわいいが勝る」
「反対に子供とやり合ったから、仕事もやる気がなくなったり。色々ありながらも楽しい・かわいいが勝る」

前田佳代さん:
子供がいるから仕事も頑張れたり、反対に子供とやり合ったから、仕事もやる気がなくなったり。いろいろありながらも、どうしても楽しい・かわいいが勝っちゃって、毎日やっているという感じです。

お昼を迎え、職場のデスクでランチ。


前田佳代さん:
すごく適当なお弁当(笑)

おかずは末っ子が朝、食べ残したウインナー。

「無理にルーティーンは決めません」
「無理にルーティーンは決めません」

取材班:
毎朝持ってくる?

前田佳代さん:
毎朝じゃないですよ。持ってこられない時もあるので売店で買ったり、無理にルーティーンは決めません。


ちなみに中学1年生の來風(らいか)ちゃんは、自分のお弁当用に卵焼きを上手に焼いていた。


自分のことは自分でやる子供たち。子育てに悩みはあるのだろうか?

長女とは衝突することもあるという
長女とは衝突することもあるという

前田佳代さん:
思春期の子供に対する悩みの方がもっとしんどいから。一番上の子とは、すごく衝突するんです。「仲直りしよう」ってハグすると「気持ち悪い」って言われるんですけど。怒鳴り散らしてしまった時に、なぐさめるのも自分じゃないですか。自分一人で二面性を持って、怒るのと褒めるのと。


子供たちとの向き合いは手抜き禁物。真剣だ。

“適当さ”が子どもたちの自主性を生む

仕事を終えると、保育園のお迎えの時間。迷彩服を着たまま、子どもを抱き寄せる。


その頃、三女の彩巴(いろは)ちゃんは夕食のハンバーグ作り。

夕食のハンバーグを作る三女・彩巴(いろは)ちゃん
夕食のハンバーグを作る三女・彩巴(いろは)ちゃん

取材班:
お母さん、仕事忙しくて寂しい?

三女・彩巴ちゃん:
帰るのが遅くて、心配することはあります。仕事帰りに、ちーちゃん(五女)とつむちゃん(六女)を迎えに行くんですけど、その時に事件が起こって遅くなったりするかもって、ちょっと心配しちゃう…。


帰宅したのは午後7時10分。夕食の準備を交代と思いきや、「お母さん、またランニング行くん?」と聞かれると…。

前田佳代さん:
行くよ~。

週2回のランニングは1人になれる時間
週2回のランニングは1人になれる時間

なんと帰宅早々、迷彩服のままランニングへ。この週2回のランニングこそ、前田さんが唯一ひとりになれる時間なのだ。

前田佳代さん:
はやりの音楽を大きい音でかけて。結構気持ちよく。

どんなに忙しくても、自分の時間を大切に
どんなに忙しくても、自分の時間を大切に

どんなに忙しくても、自分の時間を大切にする。

休日は趣味に没頭
休日は趣味に没頭

さらに休日は趣味に没頭。子供を背負い、毎週のように登山を楽しんでいるというから驚きだ。

家に戻ると、子供が準備してくれた夕食の仕上げ。

ランニングから戻り、子供が準備してくれた夕食の仕上げ
ランニングから戻り、子供が準備してくれた夕食の仕上げ

前田佳代さん:
千切りするの結構ストレスやから、買ってきて。いっぱい入っているし。

千切り野菜は購入
千切り野菜は購入

できる手抜きは徹底的に。でも前田さん、以前はこうではなかったという。

「昔は意地でも、作ったやつ全部食べてもらおうと思っていたけど、ストレスに」
「昔は意地でも、作ったやつ全部食べてもらおうと思っていたけど、ストレスに」

前田佳代さん:
昔は意地でも、作ったやつ全部食べてもらおうと思ったり。今日はお汁がないじゃないですか。お汁を絶対に作ってたりしていたんですけど、ストレスになっちゃったので。夏にお汁が全然、食べられていないまま腐っちゃって。それが嫌で。

“適当さ”が子どもたちの自主性を生む裏ワザだという
“適当さ”が子どもたちの自主性を生む裏ワザだという

その“適当さ”が、子どもたちの自主性を生む裏ワザだと話す。前田さんが知らない間に、小中学生の子供たち3人で、ごみ捨て当番を決めていたそう。

前田佳代さん:
1回忘れて、この部屋に5袋くらいたまったことがあるんですけど、そうなると子供たち自分たちも嫌なので、(ごみ捨てに)行きますね。

そして、ようやく子どもたちと夕食の時間。

子どもたちと夕食の時間
子どもたちと夕食の時間

前田佳代さん:
ちゃんと座って食べて~。

下の子供2人に夕食を食べさせようと奮闘する前田さん。

夕食を食べさせようと奮闘
夕食を食べさせようと奮闘

前田佳代さん:
もう~あなた~!汚い!あはは(笑)

「嫌やなって思ったら、全部嫌になってしまう。一番楽な方法を取っていこうかなと」
「嫌やなって思ったら、全部嫌になってしまう。一番楽な方法を取っていこうかなと」

前田佳代さん:
「嫌やな、嫌やな」って思ったら、全部嫌になってしまうじゃないですか。なので、仕事も大変な時はわざと明るくして、大変そうにしないようにしてます。正解がないんやったら、自分が思う通りにやったらいいかなと思って。一番楽な方法を取っていこうかなと。


悩む時間も、それを乗り越える力も、人より少し多く培ってきた。だからこそ、働く女性の道しるべになりたいと話す。

困った時は頼ってほしいと周囲に話しているという「7人も8人も9人も一緒やから、子供も預かるよって」
困った時は頼ってほしいと周囲に話しているという「7人も8人も9人も一緒やから、子供も預かるよって」

前田佳代さん:
「困った時、いつでも頼ってください」って言ってるんですよ。「7人も8人も9人も一緒やから、子供も預かるよ」って。こんなんでもやれているよ、っていう“テキトー感”を伝えたい。

働くお母さんの極意は「適度に適当に」。そう心がけようと日々、奮闘している。

(「イット!」1月6日放送)

(FNNプライムオンライン1月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース