今後30年以内に大地震?メカニズム解明へ東大地震研の大規模調査がスタート【石川発】

社会 暮らし

石川県にある「森本・富樫断層帯」。国内で今後30年以内に地震が発生する可能性が高いグループに属している。東京大学地震研究所は大規模な調査を開始、地震発生のメカニズムや震度予測などに繋げるという。

金沢で震度6強⁉森本・富樫断層帯とは

「森本・富樫断層帯」は、北は「津幡町」、南は「白山市鶴来地区」まで伸びる長さ約26キロの断層帯だ。


この断層帯は、今後30年以内に大きな地震が発生する可能性が高いとされている。


東京大学地震研究所 地震予知研究センター 石山達也准教授:
森本・富樫断層帯は、今後30年の地震発生確率が2~8%ということで、比較的高い部類に属している。こういう評価がなされています。



11日金沢市内で開かれた、東京大学地震研究所による説明会。



3年計画で森本・富樫断層帯の地下の構造などを調査し、地震が発生するメカニズムの解明や地震発生時にどのような揺れが起きるかの予測に繋げると言う。


今回の調査は断層帯の中央付近を垂直に交わるように、約24キロにわたり地下の構造を調べることにしている。


山川遼記者:
こちらの車のこの部分で地面に振動を与えることによって断層を調査するということです。


起振車(きしんしゃ)という専用の車で地面に微弱な振動を与え、はね返ってくる震動を記録し地下の構造を調査。


これによって、加賀平野の地下の構造やこれまで見つかっていない断層なども判明する可能性があると言うことだ。


東京大学地震研究所 石山達也准教授:
地下でどういう地層がどれくらいの厚さでたまっているかを知ることができるので、そういったデータをいかして地震のハザード(危険性)の予測が実現される。


東京大学地震研究所 石山達也准教授:
非常に重要な成果が挙がることが期待できます。


観測は2023年1月13日から1月20日まで行われ、次年度は別の場所で調査を行うと言う。


あらためてこの森本・富樫断層帯についておさらいしておこう。ご覧のように、北は津幡町から南は白山市鶴来地区までに至る長さ約26キロの断層帯だ。


この断層帯が動いた場合、地震の規模はマグニチュード7.2程度。地震発生確率は、今後30年以内に2パーセントから8パーセントとされている。


そしてこちらが予測震度分布だ。


金沢市を中心に富山県の砺波平野までの広い範囲で震度6弱の強い揺れが予想され、特に金沢市や津幡町、かほく市の一部では震度6強の大変、強い揺れが予想されている。


今回の調査の結果次第では、この予測震度分布も変わるかもしれない。いずれにしても地震への備えが必要だ。

(石川テレビ)

(FNNプライムオンライン1月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース