世界で人気「マリメッコ」デザイナー ふるさと愛媛で“ゼロからのスタート”を楽しむ

文化

北欧のブランド「マリメッコ」のデザイナーとして、世界の人々を魅了。その後ふるさとの愛媛に戻り、陶芸家として活躍する男性がいる。80歳を超えてなお創作の世界で挑戦を続ける姿を追った。

北欧からふるさと愛媛に

世界で人気を集めるフィンランドのアパレルブランド「マリメッコ」。

「マリメッコ」で活躍 石本藤雄さん
「マリメッコ」で活躍 石本藤雄さん

このマリメッコで30年以上にわたりデザイナーとして活躍していた、愛媛・砥部町出身の石本藤雄さん(81)。


世に送り出したデザイン数は、マリメッコでも歴代2位の400以上。


また、陶芸家としても多くの作品を生み出し、2010年にはフィンランドの芸術家に贈られる最高賞を受賞するなど、マリメッコを、そしてフィンランドを代表するアーティストのひとりだ。


そんな石本さんは2020年、50年以上過ごしたフィンランドを離れ、ふるさと愛媛に戻った。そして現在、松山・道後を拠点に新たな創作を続けている。


石本藤雄さん:
あれが障子山なんですよ。やっぱり、いいね。自分のこう、ふるさとっていうものがあるわけですから。みんな、それぞれにね。そういうところはいいですよ


石本さんのふるさと・砥部町は「砥部焼」で全国に知られる焼き物の里。そんな町に生まれ育った石本さんは、子どものころからものづくりが大好きだった。


ミカン畑に、野に咲く小さな花、そして、砥部のシンボル・障子山。世界中の人々を魅了してきた石本さんの創作の原点は、ふるさと・砥部だという。


石本藤雄さん:
フィンランドに住んでる時、松山に戻ってパッとこの障子山が見えるとね、本当懐かしくなったんです

陶芸への挑戦

都会に憧れて進学した東京芸術大学では、工芸科に進み「焼き物」も学んだ。


石本藤雄さん:
陶器はね、すごく面白かったですね。だけど、陶器やると…地元に帰る感じなんですよね。東京に出てきてるのに田舎には帰りたくないっていう。そんな気持ちもあったんです


大学を卒業後、繊維会社に就職したが、30歳を前に退職。海外を旅して、1970年にフィンランドへの移住を決めた。


石本藤雄さん:
フィンランドにマリメッコっていう会社があって、学生時代からすごく興味を持っていた。それでフィンランドに出かけて、僕自身は何もやったことないんですけど「テキスタイルデザインをやりたいんですけど」って言ったんですよね、むちゃな話ですけど


実は当時の石本さん、フィンランド語はおろか、英語もうまく話せなかったそうだ。それでもデザインブックと身ぶり手ぶりの面接で、マリメッコの関連会社で働くことになり、4年後、デザイナーとして正式にマリメッコに採用された。


石本藤雄さん:
結局、言葉で仕事するより、デザインっていうことはいくら言葉で説明しても、自身のデザインが良くなければ仕事にはならないんですよ。いかにデザインを採用してもらえるかっていうね。そういうクリエイトすることの連続でしたよね


さらに、フィンランドを代表する製陶所で陶芸を本格的に学び、石本さんのアートの世界はさらに広がっていく。

アトリエを特別に公開

現在、道後のアートギャラリー「Mustakivi」で開かれている石本さんの作品展。(2月19日(日)までの開催)


橋本利恵アナウンサー:
壁一面に優しい色合いの花が咲いています。石本藤雄さんの新作・花のレリーフです。日本の土と釉薬を使って制作されました


作品のモチーフになっているのは、シンプルな形でカラフルに咲く四弁の花だ。


特別にアトリエを見せてもらうと、机の上に様々な道具が置かれていた。

橋本利恵アナウンサー:
(ブラシを指さして)これは何をする道具ですか?


石本藤雄さん:
これはね、型の側面。まず、平たく粘土を伸ばして、型の形を取って、そこに粘土を棒状に、縄文土器みたいに。わかりますか、縄文土器

橋本利恵アナウンサー:
わかります


石本藤雄さん:
棒状の粘土を積み上げる時に、(ブラシで)粘土を水で緩くしたものを塗って、のりみたいにね。その上に積み上げていく

橋本利恵アナウンサー:
そういう作り方なんですね、重ねていくっていう

石本藤雄さん:
それが一番確かなんですよ

新たな「試行錯誤」の始まり

奥にある大きな窯をのぞくと、中には大きな作品があった。


石本藤雄さん:
でもね、これ傷もんなんですよね。あそこ、ちょっと線が。修理したけど、やっぱり駄目。あんまり、僕こういうキズの入り方なかったんやけどね、向こう(フィンランド)では。土、土があるよね、やっぱり


フィンランドとは違う「土」や「湿度」。大型の専門の機器も、釉薬を調合してくれる熟練の職人も、ここにはいない。ふるさと愛媛での創作は、新たな「試行錯誤」の始まりだ。


石本藤雄さん:
ばんそうこう貼って終わりにしようかな(笑)。それではダメやしね。そのうち待ってれば直るってわけにはいかないし

80歳を超えてなお、愛媛での“ゼロからのスタート”を自由に楽しんでいるようだ。外に出ると、ふるさとの自然をめでる石本さんの姿があった。


石本藤雄さん:
すごいですね、これ。ススキをこんなに。こんなに大きくなるんだ。今、そこにちっちゃい花咲いてるよね。日本はこんなに寒くても。ホトケノザとかいうやつだと思うけど、きれいだよね

橋本利恵アナウンサー:
フィンランドでは咲かない?

石本藤雄さん:
ないですよ。こんな草は


石本さんの目と心で感じ取った、美しい自然をモチーフとした作品の数々。それは少年時代にふるさと・愛媛で育まれた、尽きることのない「好奇心」と「探求心」が形となった作品なのかもしれない。

(テレビ愛媛)

(FNNプライムオンライン1月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース