まもなく日米首脳会談 安保政策を協議 現在ハリス副大統領と朝食会

政治・外交 国際・海外


G7(主要7カ国)首脳会議のメンバー国を歴訪するため、就任後、初めてアメリカ・ワシントンを訪れている岸田首相は、日本時間14日午前、バイデン大統領との日米首脳会談に臨む。

首脳会談に先立ち、岸田首相は、アメリカの戦没者が埋葬されているアーリントン国立墓地を訪れ、献花した。

日本時間午前0時30分現在、ハリス副大統領と朝食会に臨み、日米関係について協議している。

岸田首相は、このあとまもなく、ホワイトハウスを訪れて、バイデン大統領と会談し、敵のミサイル基地などを攻撃する「反撃能力」の保有や防衛費の増額など、新たな安全保障政策について説明する見通し。

バイデン大統領も支持を示すとみられ、日米同盟の抑止力と対処力の強化を内外に打ち出す考え。

(FNNプライムオンライン1月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース 米国