岸信夫首相補佐官が議員辞職を検討 2月にも…4月に衆院4選挙区で補選の見通し

政治・外交


岸信夫首相補佐官が2月にも衆院議員を辞職することを検討していることが分かった。辞職すれば、4月に衆院の4つの選挙区で補選が行われる見通しだ。

4月の補選を巡っては、安倍晋三元首相が銃撃され亡くなったことに伴う山口4区、岸本周平氏が知事選に出馬するために議員辞職したことを受けた和歌山1区、薗浦健太郎元外務副大臣が政治資金を巡って議員辞職したことに伴う千葉5区の3つの補選が、これまでに予定されている。

健康面が不安視され、政界を引退する意向の岸氏は2月にも議員辞職することを検討しているという。

早期の辞職となれば、山口2区でも4月に補選が行われることとなり、4つの選挙区で4月に補選が行われる可能性がある。

(FNNプライムオンライン1月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース