岸田首相「反撃能力」など説明 日米首脳会談

政治・外交


アメリカを訪れている岸田首相は、日本時間の14日未明、バイデン大統領と会談し、日米同盟の抑止力と対処力を強化する方針を確認した。

アメリカ・ワシントンから、フジテレビ政治部・瀬島隆太郎記者が中継でお伝えする。

会談について、首相周辺は「非常にうまくいった。防衛力強化の取り組みの締めくくりで、安全保障政策の転換点になった」と強調している。

バイデン大統領「あらためて明言する。アメリカは、日米同盟に完全にコミット(関与)している」

岸田首相「価値観を共有する日米の役割は、ますます大きくなってきている」

会談で、岸田首相は、敵のミサイル基地などを攻撃する「反撃能力」の保有や、防衛費の増額などを決めたことを説明した。

バイデン大統領は全面的に支持し、両首脳は、日米同盟の抑止力と対処力を強化することで一致した。

中国に対しては、「力による現状変更の試みを許してはならない」として、日米の連携の強化を確認した。

同行筋は、「厳しい世界情勢の中、外交を行うのに必要な裏づけが、防衛力強化だ。やるべきことをやった」と話している。

外交をレガシーとしたい思いがにじむ岸田首相だが、国内では、防衛費の財源をめぐって増税反対論も強く、今回の会談が追い風となるのか、課題も残されている。

(FNNプライムオンライン1月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース